技術的なご質問:『軽量ボンネットについて』

軽量ボンネットについて

このページではホンダツインカムに寄せられる、技術的なご質問:『軽量ボンネットについて』の問答集をご紹介します。

「ボンピン併用を推奨」と記載がありました。

純正のロックには対応していないのですか?

純正ロックには全製品とも対応しています。

しかしながら軽量ボンネットは樹脂成型品です。ロック部分は金属製品です。異物同士の双方を接合していますので長年の振動や衝撃でボンネット本体とロック部分が離れてしまう可能性は誰が考えてもあり得るのではないでしょうか?軽量ボンネットと言えども「競技用部品」でもあります。

安全の確保には「ボンネットピンとの併用」を当社ではお薦めいたします。仮に速度30キロで本体とロックが分離しますと一瞬でボンネットはフロントガラスに当たってガラスは割れてしまうでしょう。しかしボンピンを使っていますと高い速度においての衝突でもボンネットが開いてしまう事態は殆んどありません。

他のメーカーさんでは「ボンピン」はいらないと言われました。

付けた方がいいのですか?

それは、もしもの時の安全をも100%守れるメーカーさんでしょう。

素晴らしいメーカさんであると思います。是非とも100%の安全を確約出来る製品を拝見させていただき、我々も勉強させて頂きたいと思います。万が一での状況でも確実にお客様の安全確保を第一にと考えて弊社ではアドバイスさせて頂いております。

カーボンボンネットで白く変色した車を見たことがあります。

クリア塗装されていないのですか?必ず白くなるものですか?

弊社製品ではクリア塗装も施しております。しかしながら余りにもクリア層を厚くしますと変色の防止には一役買いますが重量も増加し、本来の軽量化という目的とは相反してしまいます。

結局は「日頃の手入れ」が大事です。こまめに洗車&WAXをして直射日光を防ぐような対策がされていますと随分と長持ちします。うっかり放置をしていたら白っぽくであれば板金工場さんで磨いて貰って再クリア塗装しますと復活しますよ。完全に白濁が浸み込んでしまったらもうダメです。ボディー色に塗装してください。

カーボンボンネットとFRPボンネットではカーボン製の方が軽いですか?

重量は同じです。カーボンには「ウェットカーボン」と「ドライカーボン」がございます。通常のアフターパーツで使用するのは「ウエット」です。これはFRP成型後にカーボン模様の生地を貼ると思えばOKです。

この方が
 ①コストが安い。
 ②見た目が美しい。
 ③成型が比較的簡単です。

この為に殆んどのアフターパーツメーカーではこれを採用しています。もしもボンネット1枚が40万円ですと皆様は購入なさいますか?しかもそれは艶もない製品であって欠けたりクラックが生じても修理も出来ません。それが「ドライカーボン」です。

トルネオユーロRに乗っています。

ホームページで以前見たトルネオ用のボンネットはまだありますか?

一度は販売を終了いたしましたが、2009年5月から新しい「型」での販売を再開します。

BB4及びBB6プレリュードについては、「型がやせてきた」を理由に販売を終了しております。尚、CL1アコードにつきましてはご要望が多くありますので順次に「型」は作り治して製造は続行しており、2009年8月からはエアダクト付きの軽量ボンネットも追加発売しております。

注文するとすぐに商品は届きますか?

送料は別に必要ですか?

厳しい国内の景気状況から現在ではなるべく在庫をしないあるいは大量の在庫を持たないようにしています。特に大きな商品では保管コストも大きなものになります。

これらのコストアップを販売価格に転嫁する事は厳しい状況においては当然に出来ません。なるべくご迷惑をお掛けしないように在庫調整はしておりますが一部の商品ではお待たせする事もあります。どうぞ、ご理解宜しくお願い申し上げます。送料に関してですが2010年10月からは荷物のサイズや重量によりまして、全国一律での送料をお願いしております。(但し、沖縄・離島は除く)

注文していたボンネットが届きましたが箱を開けると一部が壊れて届いていました。

どうしたら良いですか?

ご安心下さい。エアロパーツの出荷の際には「保険付き」で発送をしております。

商品の到着後にはなるべく早く破損が無いかをご確認下さい。破損がありましたら直ちに弊社及びお届けした運送会社までのご連絡をして頂いた上で指示を仰いで下さい。破損のご報告が遅いと保険対応は出来なくなります。この時には当社でも対応は出来ません。

また、到着後の荷物をよその場所に移した後になってからの破損報告も保険対応が出来ません。新たな移動によっての破損という判断をされ、保険引き受け区間とは異なるというのがその理由です。
ご注意の上で直ちに破損確認をお願い致します。
技術的なご質問:『エンジン作業について』... エンジン作業について このページではホンダツインカムに寄せられる、技術的なご質問:『エンジン作業について』の問答集をご紹介します。 エンジンO/H後の保証はありますでしょうか? ありません。 ユーザーの皆様がどのような環境でどのように使用しているか弊社では分かりま...
技術的なご質問:『エアロパーツについて』... エアロパーツについて このページではホンダツインカムに寄せられる、技術的なご質問:『エアロパーツについて』の問答集をご紹介します。 塗装装みの商品を希望しますが可能でしょうか? チャンピオンシップホワイトを希望します。 これまではエアロの塗装済み商品販売には対応し...
技術的なご質問:『ダンパーについて』... ダンパーについて このページではホンダツインカムに寄せられる、技術的なご質問:『ダンパーについて』の問答集をご紹介します。 全長調整タイプとはどんな物ですか? これまではバネ下に付く「ロアシート」の位置を変えることで車高を変化させていましたがバネが遊んだりバネを縮め...
技術的なご質問:『フライホイールについて』... フライホイールについて このページではホンダツインカムに寄せられる、技術的なご質問:『フライホイールについて』の問答集をご紹介します。 カタログを送ってもらいましたが自分の車用のフライホイールが載っていませんでした。 カタログにある車両用しか無いのですか? ご安心...
技術的なご質問:『ECUについて』 ECUについて このページではホンダツインカムに寄せられる、技術的なご質問:『ECUについて』の問答集をご紹介します。 イモビが付いていますがECUチューンは可能ですか? 大丈夫です。何故ならお客様のECUそのものをベースと致します。 お手数ですが愛車から現在のE...
技術的なご質問:『パーツの流用について』... パーツの流用について このページではホンダツインカムに寄せられる、技術的なご質問:『パーツの流用について』の問答集をご紹介します。 NSXのキャリパー流用をよく聞きます。 無加工で簡単に付くのですか? お答えが出来ません。 この部分は重要保安部品です。仮に無加工...
技術的なご質問:『吸排気系パーツについて』
PREVIOUS POST
技術的なご質問:『ECUについて』
NEXT POST